視力回復 子供 小学生

小学生の子供の視力回復にお悩みですか?

子供の視力低下

小学校の視力検査でC判定をもらってしまったので慌てて近所の眼科に連れて行くと子供の視力が0.3まで落ちていた・・。

 

眼科の先生にミドリンMを処方されて様子をみることにしたけど一向に視力が回復せずに先生からはメガネを勧められてしまった。

 

でも、まだ小学生の子供にメガネをかけさせるのはかわいそうなので何とか視力を回復させる方法はないかと悩んでいるのではないでしょうか。

 

もっと早く子供の視力が低下していることに気付いてあげることができれば、もっと注意して子供のことを見てあげていれば・・。ここまで視力が低下するのを防げていたかもしれない。

 

そんな自分にやりきれない気持ちになっているかもしれません・・。

 

小学生の子供の視力低下は年々増えていますし、特に女の子の場合は見た目を気にしたりするのでメガネをかけることにストレスを感じるかもしれません。

 

もちろん親であるあなたも子供に対して申し訳ない気持ちでいっぱいになるのではないでしょうか。このまま放っておくと子供の視力はどんどん悪化していきます。子供の視力低下を回復させることが出来るかどうかはある意味時間との勝負です。

 

今はまだ仮性近視と言って近視になる一歩手前かもしれませんが、このまま放っておくと仮性近視から真正近視へと移行していきます。

 

そうなってしまってからでは視力の回復はかなり難しい状況になってしまいます。そうなる前に今からお伝えする内容を実践してみてはいかがでしょうか。小学生の子供の視力低下を回復させることができます。


子供の視力が低下する原因とは?

子供の視力低下の原因

小学生の子供の視力が低下する原因とは何でしょうか?
以下のことについて心当たりがありませんか?

 

●遺伝によるもの
ご両親のどちらかが強度の近視の場合、子供の視力が低下した原因を遺伝だと感じることが多いようです。もちろん遺伝による原因も0ではありませんが可能性はかなり低いと言われています。それよりも圧倒的に「環境的要素」が原因となるケース多いのが現実です。

 

目がいいことで有名なアフリカのマサイ族でさえスマホなどを使用するようになり、視力低下に悩んでいるそうです。

 

●DSゲーム、パソコン、スマホ、読書などのやりすぎ
長時間夢中になってDSゲームやスマホをやっている小学生の子供が増えています。公園などで友達と一緒に何時間もDSゲームで遊んでいる光景をよく見かけます。

 

同じ姿勢で長時間近い距離を見続けることで目の筋肉の一つである毛様体筋(もうようたいきん)に大きなストレスがかかり凝り固まってしまいます。その結果視力の低下が起こります。

 

●姿勢の悪さ
目には多くの毛細血管があって目の働きに必要な酸素や栄養を届けています。姿勢が悪いと血流の流れが悪くなり目に必要な酸素や栄養を十分に取り込めなくなります。酸素や栄養が不足する事で目の機能が低下していきます。

 

また、寝転んだ状態でDSゲームや読書をしたりテレビを見る癖のある子供は注意してあげてください。

 

この場合、どちらかの目に負荷がかかりやすくなり左右の目で視力差が生まれる「不同視(ふどうし)」になる可能性が高くなります。

 

●部屋の明るさ
特に子供部屋の明るさには注意してあげて下さい。通常勉強や読書に必要な部屋の明るさは800ルクスが目安です。

 

しかし、多くの家庭ではこの明るさをクリアしていないことが多いようです。暗い部屋で勉強をしていると目への負担も大きくなり視力低下を招きます。

 

●外で遊ぶことが少ない
昔の子供は外で走り回っていたので遠くを見ることも今に比べるとはるかに多かったはずです。

 

目には様々な筋肉があり遠くを見たりキョロキョロ周りを見渡すことで目の筋肉は自然に鍛えられてきました。

 

しかし、今の子供は狭い部屋に閉じこもって近い距離のモノばかりを見ています。家の中だと5m先を見るのがやっとかもしれません。

 

そんな生活パターンが目の筋肉を衰えさせて視力低下につながっています。小学生の子供の視力低下が多くなってきています。

 

以上の原因に合わせて、もちろん体質的な遺伝的な原因も含まれています。


そもそも、どうしてあなたの子供の視力は低下したのか?

子供の視力低下

ちょっと質問ですが、どうしてあなたの子供の視力は低下してしまったのか考えてみて下さい。もうわかっている!と思うかもしれませんが、冷静になって考えみて下さい。

 

圧倒的に一番の原因は、DSゲームやスマホ、パソコン、読書などを長時間行ったことが原因です。これにより、目の筋肉の一つとされる毛様体筋(もうようたいきん)が凝り固まって目のピント調節機能がうまく働かなくなってしまったからです。

 

小学生の子供の視力低下は多くの場合一時的なもので適切な対応をすることで十分回復させることが可能です。

 

決して、安易にメガネを選択することだけは避けて下さい。回復する視力が回復しなくなってしまう可能性があります。

 

小学生の子供の視力低下は多くの場合、仮性近視と呼ばれる状態です。これは本当に目が悪くなる一歩手前であり、十分に視力回復できる状態です。

 

しかし、何も手を打たずに放っておいたり、メガネやコンタクトレンズを装着すると仮性近視から真正近視へと移行して視力の回復が難しくなります。


目が見える仕組み

目から入ってきた映像は水晶体(すいしょうたい)と呼ばれるレンズによって目の奥にある網膜(もうまく)に映像が届くことで私たちは見ることができます。

 

さらに、この水晶体には毛様体筋(もうようたいきん)と呼ばれる筋肉が付着していて、水晶体を分厚くしたり、薄くしたりすることで目のピントを調節しています。

 

遠くを見る場合は毛様体筋をリラックスさせて水晶体を薄くさせます。反対に、近くを見る場合は毛様体筋を緊張させて水晶体を分厚くさせます。

 

その様子が以下の画像です。

 

目が見える仕組み

 

DSゲームやスマホ、パソコン、読書などを毎日何時間も行っていると毛様体筋は水晶体を常に分厚い状態に保つ為に緊張状態が続きます。この緊張状態が続くと筋肉が凝り固まってしまって水晶体が分厚いまま固定してしまいます。

 

あなたもこんな経験はありませんか?

 

1時間ほど読書して急に顔をあげて遠くを見ようとするとピントがぼやけて良く見えないことってありますよね。ちょうどその状態です。

 

遠くを見ようとしても凝り固まった毛様体筋が邪魔をしてピントが合わなくなってしまいます。その結果、遠くを見る視力が低下していきます。

目の筋肉(毛様体筋)の凝り固まりが一番ヤバい!

目の筋肉の凝り固まりがヤバい

小学生の子供の視力が1.0から一気に0.3まで低下した場合、あわてて眼科に連れて行かれると思います。

 

多くの眼科ではミドリンMと呼ばれる目薬を処方して1ヶ月ほど様子を見るように言われます。その後、視力の回復がなければメガネを勧めることが多いと思います。

 

これは、ミドリンMでは目の筋肉(毛様体筋)の凝り固まりが改善しなかったのでそれ以上の手を尽くすことなく視力回復を諦めてメガネで矯正させようというものです。

 

もし、あなたが眼科医の言うように子供にメガネをかけさせてしまうと視力はどんどん悪化していきます。

 

メガネをかけるという事は目の筋肉(毛様体筋)を怠けさせることになります。使わない筋肉は衰退していきます。

 

例えば足の骨を折って1ヶ月もギブスをしていると驚くほど足が細くなりますね。それは使わなくなった足の筋肉が衰退したからです。逆に筋肉は鍛えるほど強くなります。

 

これは80歳になったお年寄りの筋肉であっても同じです。あなたも筋肉ムキムキのご老人をテレビで見たことがあるかもしれません。

 

子供の視力低下は筋肉(毛様体筋)の凝り固まりによって一時的に視力が低下した状態です。

 

しっかりとした対処をすることで視力は十分に回復するので安心して下さい。1.0の視力が0.1に落ちてもです。

 

もちろん、視力低下が大きいほど、回復するまでの時間や度合いは変わります。

 

以上のことから小学生の子供の視力を回復させるには目の筋肉(毛様体筋)の凝り固まりをとることで目のピント調節機能を回復させることが一番だと言えます。

 

子供の視力低下の原因「目の筋肉(毛様体筋)」の凝り固まりを取るにはいくつかの方法があります。


メガネをかけさせたくない!子供の視力を回復させるには?

子供の視力を回復させるには

●ミドリンM
眼科を受診すると多くの場合、ミドリンMと呼ばれる目薬が処方されます。視力低下がそれほど進んでいない場合には効果があるようですがあまり期待できません。

 

そもそもミドリンMは視力を回復させるための目薬ではなく、眼底検査を行う際に目の瞳孔を開くために作られたものです。

 

●ワックを使う
ワックとはミドリンMと同じように眼科で初期の視力低下の時に使う機材です。ちょうど箱型になっていてその中を覗き込むと遠くの景色が見えます。

 

その景色がぼやけたり、はっきり見えたりして目の筋肉(毛様体筋)の緊張を緩和します。この方法を雲霧法(うんむほう)と言います。初期の視力低下に効果を発揮する場合もあります。

 

しかし、ワックもミドリンMと同様で視力を回復させるために作られたものではなく、正式名所は「両眼視簡易検査器」と呼ばれていて検査のための道具です。

 

●視力回復センター
様々な機材やトレーニングを使って目の筋肉(毛様体筋)の働きを回復させてくれます。視力を回復させる確率も一気にアップします。

 

しかし家の近所に視力回復センターがないことも多く遠くまで通うケースも多いようです。費用面でも入会金や月額料金など20万円以上の金額が必要になることもあります。家の近所に実績のある良心的な視力回復センターがある場合には試してみるといいですよ。

 

●視力回復マニュアル
短期間に確実に、できればお安く子供の視力を回復させてあげたい・・。そんなあなたにオススメなのが視力回復マニュアルです。

 

実際に視力回復センターで実践していた内容を再現したものも多く比較的安くて(2万円程度)、すぐに効果を出すことができます。わざわざ店舗まで通う必要もなく自宅で簡単に実践できることも大きなメリットです。

 

一回のトレーニングも10分程度なので飽き性の子供でも安心です。親御さんにとっては一石五鳥くらいのメリットがあります。

 

 

チェック ということで・・子供の視力低下には、視力回復マニュアルがいいことが判明!
視力が低下した子供の視力を短期間で回復させることはもちろん、金銭的な負担も少なく自宅でトレーニングを始めることが可能です。

 

子供の視力低下にとって視力回復マニュアルは非常に心強い見方なのです。但し、視力回復マニュアルにも様々なものがありますので、購入すべき商品を間違えてはいけません。


今すぐ目が良くなる「視力回復マニュアル」はこれ!

チェック楽々!視力回復マニュアル

 

楽々!視力アップマニュアル

 

視力回復マニュアルといっても色々なものが出回っていますが、しっかりとした実績があってサポートも充実しているのが「楽々!視力アップマニュアル」です。

 

楽々!視力アップマニュアルは、実際に九州にある視力回復センターで実践していた内容を再現した方法で、今までに8,730人の小学生の子供や大人の視力を90日以内に0.8以上に回復させてきました。

 

実に19種類ものトレーニングキットを使って目の筋肉(毛様体筋)の緊張を取り除いて視力回復を実現させてくれます。

 

世界的に有名なプロ野球選手も取り入れている今話題の視力回復方法です。メールや電話でのサポートも充実しているので安心です。

 

こちらの公式サイトなら、メールや電話でのサポートはもちろんのこと3年間の無料相談や180日間の返金保証も付いています。思ったより早く子供さんの視力が回復しますよ。

 

子供の視力を回復させる

更新履歴