視力回復 子供 視力の差

右目と左目の視力に差があるけど大丈夫?

子供の目の視力が右目と左目の視力に差が出ることは珍しいことではありません。

 

しかし、そのまま放っておくとますます両目の視力の差が開き
集中力の低下や勉強、運動への意欲低下につながります。

 

両目の視力に差がある状態を「不同視(ふどうし)」と呼びます。
その原因として考えられるのは、

 

片方の目を酷使する習慣があるためです。

 

例えば、テレビを見る時やゲームをする時、
また読書や勉強をする際の姿勢の悪さがあります。

 

具体的にご説明しますね。

 

あなたのお子さんは、家でテレビを見る際に、
床にごろんと寝転がった状態で肩肘をついたり、
クッションを使ったりして見ていませんか?

 

また、DSなどのゲームをする際や読書をする際にも同じような
姿勢で行っていませんか?

 

学校や自宅で勉強するときにも肩肘をついていませんか?

 

このような状態だと、どちらかの目を酷使することになり、
結果、酷使した目の方だけ視力がぐんぐん低下していきます。

 

そうなってくると、目も疲れやすくなってきますし、
子供の場合、集中力も低下して学習能力も落ちてきます。

 

特に、中学受験を考えている親御さんにとっては
大変な問題ですね。

 

せっかく毎日頑張って受験に向けて勉強したり、
高額の授業料を支払ってまで塾に通わせているのに
勉強に集中できなければ成績にも影響してきます。

 

さらに、両目の視力の差も0.5以上開いてくると
元に戻りにくくなってきます。

 

そうなってからでは手遅れになってしまいます。
今すぐ姿勢の悪さを改善することはもちろんですが、
視力回復トレーニングも行う必要があります。

 

きちんとした視力回復トレーニングを
行うことで不同視(ふどうし)を改善することも可能です。

 

<<前のページ     >>次のページ