視力回復 子供 小学生

今の視力を維持する方法

視力の維持

一度低下した視力を回復させることが出来たとしても、
それを維持しないと意味がありません。

 

そのために必要なことは何でしょうか?

 

それは、視力を低下させる原因をしっかりと
認識してその原因を出来る限り減らす努力をすることです。

 

例えば、風邪を引いたら薬局や病院を受診して
「薬」を飲みますね。

 

多くの場合、1週間ほどで症状も落ちつき元気になります。
中には、39度の熱が続いて辛い思いをした方もいるかもしれません。

 

「もう二度と風邪なんか引きたくない!」って思うはずです。
しかし、また数か月後に風邪を引くことになる・・・

 

なぜ、何度も風邪を繰り返すのでしょうか?
これは、風邪を引く原因がその人にあるからです。

 

風邪を引きやすい人は、普段から食生活が偏っていたり、
運動不足だったりで、身体の免疫力が弱いことが考えられます。

 

逆に年十年も風邪ひとつひかない人は、普段から食生活のバランスが
とれていたり、しっかり運動していることで、身体の免疫力が高いことが
分かっています。

 

つまり、視力に関しても同じで、
日々の生活で、視力が低下する生活をしている人と、
視力が低下する生活を極力避けている人とでは結果が違ってくるはずです。

 

そのためには、視力低下の原因をしっかり確認して、
出来るだけ避けるようにしてください。

 

参考:視力低下の原因ベスト5
※小学校の子供に良くある視力低下の原因を掲載しています。

 

さらに、目に良いストレッチなどを日々の生活で取り入れることで、
視力低下を防ぐことが出来ます。

 

<<前のページ     >>次のページ