視力回復 子供 小学生

星や月をみることで視力は回復しますか?

星や月をみる

すでに視力が落ちてしまっている場合には効果がありません。
なぜかというと、視力が落ちている状態で星や月を見ても
ぼやけて見えないからです。

 

視力の回復には、目の毛様体筋の緊張をほぐすことが大切です。
そもそも見えない状態では毛様体筋も動かないため筋肉がほぐれません。

 

一番いいのは、裸眼で見える範囲で一番遠くを見ることです。
そうすれば、毛様体筋も動いてストレッチになります。

 

良く間違えるのですが、メガネをかけた状態で行っても
効果がありません。

 

メガネによって視力が矯正されているので
毛様体筋のストレッチになりにくいからです。

 

もし、子供の視力がすでに低下しているなら、
そんなゆっくりしている暇はありません。

 

子供の視力は数か月でどんどん落ちていくからです。
視力が落ちるほど、視力を回復させるための時間も努力も
大きくなってしまいます。

 

視力低下が分かった時点で眼下を受診して、
視力低下の原因が何らかの病気ではないかを診てもらい。

 

病気ではないことが分かった時点で
視力回復トレーニングを始めてみてはいかがでしょうか。

 

ミドリンMやワックなど進められるかもしれませんが、
正直時間の無駄になります。

 

今なら簡単に回復する可能性も高いはず。
早めの対応がいい結果を生みます。

 

<<前のページ     >>次のページ